top of page

【レポート】『王林 (りんご娘) 』生みの親に聞く! -逆転の発想- ローカルだからこそできる地方創生

昨年10月よりスタートした浪江町の事業者の皆さんを支援する事業化支援プログラム「Sprout Program(新芽プログラム)」。

本プログラムの一環として、提供するイベント「地方×起業」シリーズは、起業に関する有益な情報を発信するトークセッション。今回は、2023年の第8弾!!


12月13日(水)  東京都千代田区大手町のMIRAI LAB PALETEにて青森県弘前市の芸能プロダクション「RINGO MUSIC」代表取締役を務める樋川新一氏、東京から弘前市へ移住し同プロダクション所属アーティストへの楽曲制作を担当されている多田慎也氏のおふたりにご登壇頂きます。


また、MIRAI LAB PALETE Community Managerの鎌北 雛乃氏にファシリテーターをご担当頂きました。

ナミエシンカ

-ゲスト-

弘前アクターズスクール 代表 兼 有限会社リンゴミュージック代表取締役兼 株式会社 樋川自動車 代表取締役 樋川 新一(といかわしんいち)氏


音楽プロデューサー 多田 慎也(ただしんや)氏


-ファシリテーター-

MIRAI LAB PALETE Community Manager 鎌北 雛乃 氏


■トークテーマ

① リンゴミュージックの起業ストーリー

② 地方でのビジネスに展開においての逆転の発想と地方創生について

③ りんご娘。王林さん誕生秘話

④ クリエイター移住のリアル

⑤ 質疑応答セッション


ナミエシンカ

【当日のトーク内容】

樋川氏には、地方で芸能プロダクションを立ち上げた理由、実際に地方で取り組まれているビジネスビジョンや行政・法人との取り組み事例、元りんご娘・人気タレント王林さん誕生秘話、今後の展望などをお伺いし、多田氏には、クリエイターの地方移住、制作環境など、実例を交えながらお話しいただきました。


樋川氏はUターンで青森で家業を継いだ際、街の活気が薄れていく現状を実感され、青森県にエンタメを通じて、街に貢献したいという想いに至りました。経験も資金も無い中であったが、起業における情熱を多くの方に伝えていく事で協力者が集まり、彼らのリソースを周知結集させていく事で起業に至ったそうです。

ナミエシンカ

立ち上げ当初はアイドルグループ育成に苦労しメンバー脱退も相次ぎましたが、社会に通じる人間性を育てるマネジメントに方向転換をしたことで、スクール生も安定し維持できるようになりました。

今でも人を育てる事を大事にしており、自分だけでなく誰かのために役に立つような人づくりに努めているそうです。

ナミエシンカ

その中で㈲リンゴミュージックの人間性に惹かれたのが多田氏でした。

多田氏は、アイドルグループが自分をアピールするのではなく青森県をアピールする姿に魅力を感じ、

今までにないアイドルグループを生み出せるのではないかと思い、青森県へ移住し 今では青森県の方言や民謡などを楽曲に掛け算し、青森県のアピール強化に繋がるようになりました。


最後に樋川氏、多田氏には起業を通じて学んだことについても語っていただきました。


全国的には青森県のイメージはリンゴしかないように思うが、ネットにはない自然の豊かさや、のどかさがあるので、音楽や芸術などの活動拠点になり得る場所。その事は青森県に限らず地方の魅力ではないかとお話いただきました。また地方は行政・自治体と連携して活動する事も多いため、自身の行動が地域貢献につながっている事を実感できる。地域貢献するには適している場所であるとの事でした。


樋川氏・多田氏のエンタメを通じて地域貢献やそこに関わる人の将来まで見据えた人づくりなどの地方起業への情熱はこれから地方で起業を検討している方や自治体と連携し地域貢献を考えている方に非常に有益なアドバイスとなりました。


【ご紹介】

樋川 新一(といかわしんいち)氏

弘前アクターズスクール 代表 兼 有限会社リンゴミュージック代表取締役

兼 株式会社 樋川自動車 代表取締役

青森県弘前市生まれ法政。大学経営学部卒業後、日産自動車 国内営業本部へ入社し、国内ディーラー各社の財務分析を担当。Uターン後、家業の自動車会社を継ぐが、地元弘前の元気のなさに一念発起し、有志と共に地方活性化を日的とした全国でも例のない、月謝無料の芸能スクール「弘前アクターズスクールプロジェクト」を設立。地方アイドルの先駆けとなる「りんご娘」をプロデュース。2006年より姉妹ユニット「アルプスおとめ」、2015年からは「ライスポール」をプロデュース。 ローカルアイドルの育成やマネジメントのみならず、りんご娘の代表曲「トレイン」「だぴょん」、アルプスおとめ「ニジイロリンゴ」、ライスボール「挙」「命」などの作詞・作曲を担当しマルチな才能で青森県のエンターテインメントシーンを盛り上げる。2010年、SBI大学院大学にてMBAを取得。


多田 慎也(ただしんや)氏

船橋市立若松小学校、船橋市立若松中学校を経て、船橋市立船橋高等学校、明海大学を卒業。

高校時代より、作詞・作曲を始め関東近辺にてライブ活動を行い。2007年嵐の18枚目のシングル「Love so sweet」のc/w曲「いつまでも」で音楽作家デビュー。以来、嵐をはじめ、AKB48グループ、ももいろクローバーZなど様々なアーティストの楽曲制作に関わる。2012年作曲を手がけたAKB48の17枚目のシングル「ポニーテールとシュシュ」でJASRAC賞銀賞を受賞2014年11月27日、りんご娘への楽曲提供が縁で数回訪れていた青森県弘前市へ移住し現在はFullfull Pocket、RINGOMUSUMEのサウンドプロデューサー作詞、作曲、ボイストレーニングを担当している。

主な作品提供アーティスト

RINGOMUSUME、ライスボール、アルプス乙女

嵐、Kis-My-Ft2、Sexy Zone、Hey! Say! JUMP

AKB48、SKE48、NMB48、HKT48、ももいろクローバーZ、など


鎌北 雛乃(住友商事)

Z世代のコミュニティマネージャー。学生の頃からジャンルを問わないコミュニティ活動に参画し、20歳の時に仲間と共に起業。まちづくりに自ら深く関わるため、人口7,000人の町に移住し、観光事業、情報発信事業、コンサルティング事業、コミュニティスペース運営などを行ってきた。2019年より住友商事が運営するオープン・イノベーション・ラボMIRAI LAB PALETTEにジョイン。現在、コミュニティーメンバー同士のコミュニケーション活性化、マッチング、コミュニティ形成や活性化のためのプログラム企画・運営、PR活動などに挑戦中。


リアル会場は、住友商事(ナミエシンカ運営管理者)が東京都大手町にて運営する

会員制のオープンイノベーションラボ「MIRAI LAB PALETTE」で実施しました。

地方×起業」シリーズは今後も月に1回ペースで実施していきます。お楽しみに!


【ご案内:Shinme Program(シンメプログラム)】

Startup Program “神馬” / アントレプレナーシップ講座

スタートアップ起業の成功確率を少しでも高められるようにスタートアップ特有の事業開発手法や資金調達の考え方などの基礎情報を体系的に伝える、全24回のオンライセミナー。

詳細はこちら

Sprout Program “新芽”

地域課題×社会課題から世界に誇れる浪江町を共創するプログラム。

詳細はこちら


本イベントまたは、「Shinme Program」に関するお問い合わせ

shinme@namieshinka.jp 【ご案内:ナミエシンカ】


ナミエシンカ」は、メンバー制のコワーキングスペース。ご来訪時に登録可能、いつでもワークスペース・イベント・プログラムなどに、無料で参加可能です。お近くにお立ち寄りの際は、ぜひご利用くださいませ。また、町にご興味をお持ちの方、コラボを検討したい方、いつでも事務局にお問合せください。


ナミエシンカ

・住  所:福島県双葉郡浪江町大字権現堂字一丁田3-8

・営業時間:平日 10:30-17:30 (土日祝は休業)

・アクセス:JR浪江駅より徒歩1分(浪江駅東駐車場内)

・リアルなシンカの情報を知りたい方はこちらブログ記事を掲載しています。

・ナミエシンカ”の公式SNSアカウントを開設しました!


ナミエシンカの活動・プロジェクトの内容はもちろん

町の魅力や地域のイベント情報も更新していきます。

【Facebook】

【Instagram】

【X(旧Twitter)】

「ナミエシンカ」に関するお問い合わせ

閲覧数:3回

CATEGORY

ARCHIVE

TAG

bottom of page